データの運用方法

男の人と女の人

万が一の障害に備える

様々な企業で電子データが利用されていますが、万が一の障害に備えるために、バックアップを考えるのはITの管理者として必要な業務です。もちろん障害が発生した時には、データ復旧を行うことを優先にしますが、それを迅速かつ影響範囲を狭くするために、バックアップ自体の方針を決めると良いです。これは電子データがあらゆるシステムで利用されており、すべてをバックアップしているのでは、費用や運用で影響が出てくるのです。もちろんこれはデータ復旧を行う際の、復旧時間とも密接に関係しているので、まずは電子データの棚卸しをすると良いです。この棚卸しの基準としては、そのデータ自体の必要性をランク付けし、障害が発生した時の業務影響をはっきりさせるのです。業務影響が大きなものについては、記憶装置の二重化などのデータ保存自体の耐障害性を高める必要があります。また電子データの保存期間も、バックアップ装置を検討する上で、その容量計算を行う上で必要な項目となります。ある程度時間がかかっても良い電子不データについては、データ復旧業者に任せることを前提に、バックアップを考えるのも、ひとつの手段です。最近のデータ復旧業者のスキルは、修復が難しいとされていたRAID構成でも、かなりの確率で復旧させることができるということも、知っておくと良いです。このように電子データをバックアップするためには、保存されるデータの棚卸しを行い、その保存方法を検討していくことが重要です。

Copyright© 2018 壊れてしまっても大丈夫!データ復旧で大切なデータは取り戻せる All Rights Reserved.